令和2年度各部会活動計画

総務部

1.目的

  • 問題点解決に向けた道筋・方策を探る
  • HPの更新と効果的活用(PR・発信)を探る
  • 稽古堂祭りへの参加 

  2.実施計画

  • 原則として総務部会は稽古堂ブース、常任理事会は公民館、理事会は稽古堂研修室で開く
  • 各部の活動目的、内容を明確に
  • 稽古堂祭りに参加。内容のステップアップ
  • HP各部担当者との話し合い(内容を見やすく、キーワードの活用)

研修部 (文化史講座)

1.目的

  • 歴史を研究し郷土史の普及と地方文化の向上を図る

2.講座計画

  • 現地研修 3回
  • 講義研修 3回
 月  日 曜日 講座名 テーマ 講師
1

5月28日

 

 木 現地講座 郡山方面 安積開拓百四十年の史跡探訪 文化史講座理事

7月16日

 〜17日

金  

現地講座 新潟方面 伴百悦の墓参と史跡探訪 文化史講座理事
3

9月17日

現地講座 

 

いわき方面 いわき平城跡と戊辰戦争

      跡探訪 

文化史講座理事

 

11月19日

 講義講座

県立博物館学芸員による講義講座

 博物館学芸員

1月21日

講義講座

会津史談会員による講義

会津史談会員
2月25日 講義講座 会津史談会員による講義 会津史談会員
           
           
           

 

 

 

研修部 (古文書講座)

1.目的

  • 全員が古文書を読めること
  • 歴史的な碑(いしぶみ)、くずし字の短歌や俳句も読めること
  • 漢文を読めること

2.実施予定

  • 毎月第二火曜日13:30~15:30 の学習会

5月~令和2年迄 年10回予定 

  • 「會津盛衰記」巻之弐を今年から新たに読みます。
  • 稽古堂祭りに参加する。
  • 今年度も、講座講師は 川原太郎 先生です。

調査部

1.目的

  • 日々の会津の出来事を新聞等から拾い出し、「會津史談」機関紙に「会津この一年」として記述し記録として残し、後世の研究の一助とする。
  • 会津の歴史や文化に関する研究調査を通じて、地域文化の存続と継承をする。

2.実施計画

  • 「会津この一年」の記録(継続)
  • 旧街道一里塚の調査(情報の足りない一里塚、新たな情報を得た一里塚を追加調査)

          (令和元年度:明治初期の地租改正時の地籍図から一里塚情報を探り出す)

寺社研究部

1.目的

  • 第11回会津寺院風土記出版準備
  • 他市町の寺社関係の学習会の参加

2.実施案

  • 資料の収集
  • 写真の撮影(寺全景・仏像仏具)
  • 廃寺の調査(現地・文献・遺物)
  • 2か月ごとの部会
  • 史談通信の執筆

出版部

1.目的

  • 会誌94号の発行、史談賞へ向け行動する
  • 部員の増強、増員を図る
  • 全会員で作品応募に心がけ、質の向上も目指す

2.実施計画

  • 部員の技術向上のため専門的研修を行う
  • 会津にお住いの方たちの応募を増やすべく働きかける
  • 心当たりの方々に応募をお願いする
  • 戊辰のみならず、前後広くを考えるように取り組む